Reading in 5 minutes

毎週木曜更新! 五分で一記事。忙しい現代人のための本要約ブログ

【5W1H思考】で仕事を素早く的確に!

f:id:burogudayoooooo:20200610235836j:plain


ども!2人目です!

 

暑い!最近暑すぎませんか!?

暑いと頭がぼーっとして、集中力が落ちますよね…。

 

でも仕事はしっかりやりたい!

なんなら常にレベルアップしたい!!

 

そんな思いから手に取ったのがこちらの本!!!

 

マンガでわかる! 5W1H思考

マンガでわかる! 5W1H思考

 

 

 

皆さんご存知だと思いますが、5W1Hとは、

 

1.When =いつ

2.Where =どこで

3.Who =誰が

4.Why =なぜ

5.What =何を 

6.How =どのように

 

をまとめたものをいいます。

 

では、この5W1Hをどのように仕事に活かすのか

一緒に学んでいきましょう!

 

仕事の質をあげる

仕事の本質を見抜く

普段仕事をしていて、

「言われた通りにやったのにダメ出しされた」そんな経験ありませんか??

 

これを解消するには「なんのための仕事か?(why)」を考えることが大切です!

 

例えば、あなたが上司から「この資料まとめといて」と指示を受けたとしましょう。

言葉だけを捉えると、数ある資料を一纏めにすることで仕事は完了です。

 

しかし、これで上司が納得しないことは皆さん理解できますよね!

 

では、「資料をまとめる」ことで上司は何を実現したかったのでしょうか?

おそらく、情報を簡潔に整理し、一見して素早く比較することで「素早く判断」することが目的だったのではないでしょうか?

 

日々の様々な業務一つ一つの本質を考えることで、仕事の質をあげましょう!

 

仕事から「うっかり」を排除 

仕事の本質をより深く見抜き、視野を広く持つのにも5W1Hが便利です!

「なんのため?」を考えるために、その仕事を5W1Hに当てはめてみましょう!

 

先ほどの資料なら、上司の目的に沿うことに加えて、

「いつまでに必要?」「どこで使う?」「上司以外に見る人は?」など、「why」以外の項目も明かにすることで、仕事の抜け漏れをなくすことができます!

 

また、5W1Hは、発想を広げたり、逆に絞りこむことにも役立ちます

「いつ?」なら「いつまで?」「いつから?」と変換することで様々な場面に対応可能です。

ここに「どんな?」「どれくらい?」などの掛け合わせで、思考の精度がぐっと上がります!

   

プレゼン(応用)

5W1H的プレゼンの作り方

「いつ/どこで/だれが/なぜ/何を/どのように」これらは、全ての仕事の基礎です。

データや図形を羅列すると、一見すごそうなプレゼンが出来上がります。

しかし、基礎を疎かにし、相手に伝えるという目的を忘れては意味がありません。

 

ただし、プレゼンにおいては5W1Hに当てはめて並べるだけでは効果がありません。

 

ではどうすればよいのか? 一緒に見ていきましょう!

 

説明上手になる(Why What How)

プレゼンとは、相手に説明することです。まずは「説明」の基本を押さえましょう!

説明するときは、『 why  →  what  →  how   』の順番が基本となります。

 

いきなり細かい話から始めても、内容が頭に入らないですよね?

 

ですから、まずは「目的を理解してもらう」それから「大枠を話す」最後に「具体的な説明」

この3ステップで思考を整理、構造化することが大切です!

 

説得するには(Why How 3H)

説明するための3ステップが理解できたら、相手を説得する方法を学びましょう!

いくら説明が上手くても、相手に納得してもらえなければ意味がありませんからね!

 

「納得してもらう」そのためには相手の立場になって考えることが大切です。

自分が説明を聴く立場なら、何を聞きたいか?何が不安か?を考えましょう。

 

その基本形が『 why → how   のピラミッド』です!

 

ーーーーー

              【この企画をすべき】

        ↓   why                                                        ↓  how

  【なぜこの企画をすべきか?】     【どのように企画を行うのか?】

                   ↓                 ↓                   ↓  why                                      ↓  how

【なぜこの内容・ターゲット・時間/期間?】     【具体的にどうやるか?】

 

ーーーーー

 

相手に【企画をすべき!】と主張するとき、必ず抑えるべきポイントが2つあります。

それは、上の図の通り…

 ・why【なぜこの企画をやるべきなのか?】

 ・how【どのように企画を行うのか?】

というポイントです!

 

この2点を主軸に、who/when/whatを導きましょう。

すると、主張がブレることなく、相手の疑問・不安を 解消することができます!

 

今後自分の主張や提案に「説得力が足りない!」と感じた際は、ぜひ意識してほしいポイントです! 

 

最後に

今日は「5W1H思考」を解説しました!

なぜか仕事が上手くいかない。全体像が掴めない。など皆さん一度は経験あると思います。

 

そういった時に、5W1H思考が役立ちます。

ぜひ一度、日々の業務の一つに導入してみてください!

 

Reading in 5 minutesは毎週木曜日更新🌲

一冊5分で豊かな学び】をテーマに、主にビジネス書の要約を公開しています💪

この記事が少しでもあなたの役に立てたら幸いです!

 

それではまた次週!2人目でした!